2015年11月30日

子連れでハワイ旅行 チルドレンズディスカバリーセンター編

ごきげんよう、なーちゃんです。
ハワイのディスカバリーセンターの動画がようやく出来上がったので、
順次公開しています。

ハワイ、いつの話だよ⁉︎
訪れたのは9月です、先々月です。
これでハワイの話がやっと終わります。

チルドレンズディスカバリーセンターは、ワイキキからは少し離れていて、
アラモアナショッピングモールから車で数分程度の場所です。

なーちゃん達はホテルからタクシーを利用しました。料金は忘れてしまいました。

チルドレンズディスカバリーセンターを訪れる際は、
車もしくはタクシーの利用を強く勧めます。

なぜなら、周りにホームレスが住んでいるからです。
なーちゃんは事前にその情報を知っていましたが、
まぁ数件くらいのテントが張られているのかな〜くらいに思っていました。

が、ディスカバリーセンターのすぐ横にあったのは、
タクシーから見えるだけでも200軒以上の、巨大なホームレスタウンでしたΣ(゚д゚lll)

タクシーで通るのも、スラム街的な雰囲気ですごく怖かったです。
ハワイのイメージが一新しましたね。

そんなこんなで到着したチルドレンズディスカバリーセンター。
料金は、2歳から1人10ドル。カード払い可。
平日は9時から13時までしかオープンしません笑
↑ホームレスタウンと関係あるのかしら。

なーちゃん達は11時過ぎに到着しましたが、
全部は回りきれませんでした( ̄◇ ̄;)
朝一で行くべきでしたね。

中は、こんな感じで、本当に色々遊べます!
観光客は少なく、地元の人たちが多かったです。
image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

上の階は周りきれませんでしたが、
ハワイの文化の展示だそうです。

帰りは、受付の方にタクシーを呼んでもらいました。
チップは受け取りませんでした。

タクシーは数分程度で到着しましたが、
待っている間に警察と業者がホームレスタウンの撤去をしていました。

あんな巨大な街の撤去はなかなか難しいと思いますが、
チルドレンズディスカバリーセンターのすぐ横や近くの住居は撤去されそうでした。

ホームレスタウン、もしかしたら1000軒規模かもしれません。
訪れるなら、レンタカーもしくはタクシーで行くべきです。

施設としては素晴らしいのですが、オープン時間の短さとアクセスの微妙さと周囲のホームレスタウンが相まってやや微妙なスポットです。
入ってしまえば面白いんですけどね。
しかしながら、ハワイで海やプール遊びに飽きたときに訪れるのは良いと思います!

ディスカバリーセンターで遊ぶこうちゃんシリーズ

見れない場合はコチラ


見れない場合はこちら


見れない場合はこちら


見れない場合はこちら

それでは皆さんごきげんよう、なーちゃんでした。


posted by なーちゃん at 11:00 | Comment(2) | ハワイの子連れスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

子連れでハワイ ホノルル動物園編!

ごきげんよう、なーちゃんです。

今回は、ホノルル動物園の紹介です。
え、ハワイ?いつの話だよ?

先々月ですね、はい。
↑あと1本あるんだよなぁ・・・

ホノルル動物園はワイキキの東側にあり、
マリオット辺りから徒歩10分程度で到着します。

東側の公園はビーチに比べると空いていて、家族連れがよくバーベキューしています。
美しいワイキキビーチを眺めながら木陰でのんびりできるので、
動物園を訪れる前後で公園遊びも楽しめます。

さて、ホノルル動物園、なーちゃん達は14時ごろに訪れましたが、
まぁ暑い!日差しが強くて、動物たちも出てない笑
ガイドブックには、確かに夕方訪れるべきだと書いてありましたが、
16時半には閉まりますからね、ホノルル動物園。
せめて17時半くらいまでやってくれよ笑

そして入園料が大人14ドル、3歳以上6ドル
円安なので2人で2500円ほど…って高っ!
↑福岡市動物園は入園料400円で年パス1000円ですよ・・・

ホノルル動物園の見どころは、
アフリカのサバンナを再現しているゾーンなのですが、
ライオンやチーターなどの猫科は全く発見できませんでした笑
↑猫科だけでなく、たいていの動物は木陰で休んでいました。

動物が見当たらない点を除いては、サバンナゾーンは
ダイアモンドヘッドの借景がなかなか美しくよくできた展示だと思います。
強い日差しに、草原や木、ダイアモンドヘッドの赤茶が、
まだ訪れたことのないサバンナを髣髴とさせる美しい景色を生み出していました。

って、2500円も払って大抵の動物みれてない件w


さて、ホノルル動物園の特徴というか良いところは、
坂がないことですね。

動物園なのに、坂がないんです!

日本の動物園は、山間につくることが多いので、
坂がキツいんですよね、どの動物園も笑
だからホノルル動物園で平坦な道を見たときには歓声をあげましたね。
↑感動ポイントのずれ。

珍しい動物としては、最大のトカゲで有名なコモドドラゴンと、
口先の細いワニのガビアルあたりでしょうか。
ガビアルの柵は、木の杭が隙間なく立てられていて、
子供は抱っこしないと見れないのが難点だったと思います。
↑落下注意。

こうちゃんが一番盛り上がったのは、遊具でした笑
ちゃんと木陰にあったのが良かったです。
ケイキ・ズーという子供向けのふれあいコーナーのすぐ近くに、
遊び場の広場があり、遊具があります。
時間に余裕があれば、ここで1時間くらいは遊ばせたかったですね。

ホノルル動物園、なんだか文句ばっかりになりましたが、
小さい子連れのハワイで時間が余っていたら訪れても良いかなと思います。

ホノルル動物園であそぶこうちゃんはこちら

見れない場合はこちら

それではみなさんごきげんよう、なーちゃんでした。

posted by なーちゃん at 10:00 | Comment(1) | ハワイの子連れスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

子連れでハワイ チップ等について

ごきげんよう、なーちゃんです☆

今回は、ハワイでのチップの風習についてです。
ハワイだけでなく、海外はチップの習慣がありますね。

おもてなし精神のある日本人からすると煩わしいのですが、
お金を払った分だけサービスをしてくれるという
ある意味合理的な習慣です笑

なーちゃん、ハワイに4泊6日したのですが、
チップ用に両替した現金は50ドル程度でした。
↑1ドルや5ドル程度の細かい紙幣に両替です。

小銭を扱うのが面倒だったのど、
アメリカはだいたい全てカードで払えるので笑

ホテルに宿泊した際は、ベッドメイキングに2〜3ドル置きます。
高級ホテル等に宿泊した場合は、チップを20ドルくらい置いておくと、
フルーツが盛られていたり、アメニティが増えていたりします笑

基本的に、初日にチップをやや多めに置いておくと、
後の滞在がちょっとだけ快適になります笑
↑掃除の人がすごくがんばってくれます。

レストランでも、チップをカードで支払えます。
会計の際にいくら支払うか聞かれるので、
サービスの度合いによって15〜20パーセント程度プラスして言います。

しかし、察するにカードで支払うチップはお店の売り上げになってしまうので、
カードでチップを含まない会計をし、現金で「It's for you.」とチップを
担当の店員に渡してあげると喜んでくれます。

↑チップの金額により、帰り際にバギーを持ってくれたり、
子供の相手をしてくれたり、地域のおすすめスポットを教えてくれます。

あとは、タクシーに乗ったときもチップをあげます。
例えば9.7ドルみたいな会計のときは、
カードで支払うときに「10 Dollar」や「11 dollar」と
笑顔で言えば感謝されます。

なーちゃんはバギーを持ち歩いていたので、
タクシーは基本1〜2ドル多く支払っていました。

結局チップとして、現金で30〜40ドル程度使いました。
円安で、なかなか厳しいですが快適さのための必要経費です笑

チップはサービスに対する対価として、
良いサービスを受けたいときは気前よく払うのが吉です。
労働者の意欲やサービス向上のためのインセンティブなので。

まぁ、最近ではチップ込みの料金にしてチップの風習をなくそう
という気運もあるみたいですが。
↑やっぱり皆わずらわしかったようです笑

それではみなさんごきげんよう、なーちゃんでした☆

posted by なーちゃん at 10:00 | Comment(2) | ハワイの子連れスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
なーちゃんねるはこちら