2016年06月27日

福岡の遊園地スペースワールドに行ってきました〜

みなさんごきげんよう、なーちゃんです!

先日は福岡北九州にある遊園地、
スペースワールドに行ってきました〜
何気に初めていきました!

鹿児島本線のスペースワールド駅にあります。
向かいにある、いのちのたび博物館には行ったことがあるので、
駅から歩いてすぐ行けるんだと思っておりました…
↑イオンも目の前です。

実際のスペースワールドはスペースワールド駅から
結構遠い
です。10分弱くらい歩かされました。

そのまま八幡製鉄所にでも着いちゃうのかと思いました。
↑スペワより多くの看板がでてました笑

スペースワールド自体は駅の目の前なんですが、
入り口はぐる〜っと回ってかなり遠いんです…
炎天下だったのでね、もう行くのやめようかと思ったくらい笑

なんで駅の目の前にも出入り口つけないかなー

スペースワールド、訪れる際はスペースワールド駅から
バスに乗ることをおすすめします。
↑スペワからイオンもバスで行くのが便利。

さて、やっとこすっとこ到着したスぺワ、
土曜日に訪れたのですが空いていてビックリ。
広いからか、全然人混みもありませんでした!

スペースワールドは宇宙をテーマにした遊園地です。
小さい子が遊べるアトラクションもあって、
夏休みにはプールもオープンします。

まぁ、アトラクションはひとつも乗らなかったんですが

今回のお目当てはこちら。
期間限定のふわふわアイランドです!
image.png

こうちゃんの好きなサメのふわふわです!
これで遊ばせたかったから遠くから来たんです。
image.png

そしてゴリラ!でかい!
image.png

すべり台は大人でも滑れます!
これがすっごく楽しかった笑

土曜日だから混んでるかと思ったら、
遊んでいた子は数人でした。

料金は時間制限なしで1人800円、
こうちゃんと2人で1600円でした。
スペースワールドの入園料を考えると、
割高に感じますな…
↑確か1500円。アトラクションは200〜300円とかかな?

ふわふわアイランドのおじさん曰く、
土日でもこんなに空いてると、赤字だそうです笑
…30分500円とかならもっと入ったんじゃないかな…

こうちゃんはサメのふわふわに大喜びで、
30〜40分くらい存分に遊んでいました!

ふわふわアイランドで遊ぶこうちゃんの動画はこちら

みれない場合はこちら

それではみなさんごきげんよう、なーちゃんでした!

posted by なーちゃん at 10:00 | Comment(0) | 福岡の子連れスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

山岸凉子さんの日出処の天子を読み終わったー

ごきげんよう、なーちゃんです。

やっと山岸凉子さんの日出処の天子を
読み終わりました〜。
いやー面白かった!本当に素晴らしかった!

全7巻なのですが、なーちゃん漫画を読むのが遅いので、
4〜5日ほどかかりました笑
もう気持ちは飛鳥時代です、めちゃくちゃ奈良に行きたい笑

image.jpeg

先日は佐賀県に1泊2日のプチ旅行していました、
気持ちは奈良でしたが笑

佐賀旅行についてはおいおい動画と記事にするとして、
日出処の天子ですよ!傑作です。

ストーリーは、厩戸皇子が大兄になるところまでなんです。
歴史上だと、のちに聖徳太子と呼ばれる厩戸皇子は、
大兄になってから、華々しい功績を残していくんです。
寺院の建立とか遣隋使とか冠位十二階とかテストに出たやつ笑
↑小野妹子を女だと思った人も多いはず。

国を動かす実権を握り、前途は限りなく華々しいのに、
漫画の彼は達観したような諦めと孤独の境地に至ってしまうんですよ。
この哀れさというか虚しさがまぁ素晴らしいこと。

後々、大化改新で蘇我氏は廃されるんです。
蘇我蝦夷や入鹿、厩戸皇子の子孫の歴史上の顛末を知っていると、
余計にやり切れなくなるという…

ていうか、誰か幸せになれよ笑
↑登場人物はだいたい不幸になってます。

まぁ、聖徳太子って実在したかも怪しいんですけれどもね笑
正確には、厩戸皇子は実在しているんですが、
それが聖徳太子とイコールなのかが不明なのです。

推古天皇の大兄としての聖徳太子っていうのが、
日本書紀や聖徳太子に関する文献でしか確認されず。

歴史書の文献、政策としてつくられた場合は、
本当に史実を記していたとは限らないのです。
勝者の歴史なんて大抵バイアスです。
まぁバイアスかかってない歴史とか珍しいと思います。
やっぱりバイアスかけとかないと。
バイアスっていいたいだけです笑

さて、漫画も読み終わったことだし、動画つくらないと…

それではみなさんごきげんよう、なーちゃんでした!

posted by なーちゃん at 18:13 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

山岸凉子さんの「日出処の天子」

みなさんごきげんよう、なーちゃんです!

最近ハマってる本、とはいえ漫画なのですが笑
かなり面白いので紹介しておきます。

山岸凉子さんの「日出処の天子」です!

日出処の天子 第1巻 完全版 (MFコミックス)

飛鳥時代、聖徳太子のお話です。
聖徳太子は死後に与えられた称号で、
生前の名は厩戸王子です。ウマヤドって変な名前。

作中の厩戸王子は、美少年で天才、仏教に造詣が深く、
なんと超能力も使えます笑
しかし性格は嫉妬深く、残忍で、心に闇を抱えた人物です。
歴史でよく知られている聖徳太子とはだいぶ違ったイメージです。

彼が生きた飛鳥時代は豪族が主導権を握り、
朝廷を牛耳るほどの力を得るようになる時代です。

財力の蘇我氏、武力の物部氏の権力争いも激しさを増します。
次の大王は誰を推すのか、仏教と神道どちらを推すのか、
あらゆることが政治的な要因で決められていく時代です。

厩戸王子はそんな修羅の朝廷を
自身の才や美貌やカリスマ性や残忍さをもって陰で操り、
思うがままに動かしていくのです。
この政治的手腕がとっても面白い。

また、絵もとても美しく、史実とも合致するので、
突飛な設定なのに妙にリアリティがあり、
読んでいくとどんどん惹きこまれていくのです。

学生時代に読んでいれば
日本史の飛鳥時代をもっと楽しめたのにー!
と思う一冊です笑

世の中にこんなに面白い漫画があったのか!と
久々に思えた漫画でした笑



それではみなさんごきげんよう、なーちゃんでした!


posted by なーちゃん at 09:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
なーちゃんねるはこちら